沿革

どこよりも誠実な企業を目指して…東誠の半世紀。

東誠印刷の歩んできた半世紀…、それは、お客様とともに歩み、学び、そして育てていただいた半世紀。 お客様への感謝とともに、誠実にお応えし続けることで築き上げられた厚い信頼関係こそ、私たちの大きな宝です。 これからも、その宝を大切に磨きながら、新たな歴史を刻んでまいります。

1966年(昭和41年)

東京 九段に会社設立

主に官公庁と取引開始(謄写版にて印刷)

1969年(昭和44年)

東京 飯田橋に本社移転

軽印刷へと移行して、民間企業ならび に諸団体と取引開始

1979年(昭和54年)

東京 葛飾(現在地)に印刷工場新設

自動電子組版機・菊全判オフセット印刷機導入

逐次設備の拡充、多様化する業務に対応

本社工場(軽オフ印刷及び製本加工)と葛飾工場(半切・全判の印刷)の2拠点にて生産稼動

1998年(平成10年)

本社工場を現在地に移転、同時に葛飾工場と統合、設備拡充

DTPシステム整備、菊半切4色機導入

2001年(平成13年)

葛飾工場にCTPシステム導入

CTPの導入により、データ作成・版出力・印刷・製本まで一貫生産体制を確立

2003年(平成15年)

東京 九段に本社を移転

2007年(平成19年)

東京 飯田橋に本社を移転

Machine
Machine
Machine

Contact

ご相談・お問い合わせ

弊社のサービスに関わるご相談やお問い合わせについてお気軽にお問い合わせください。